前作キック・アスについて

前作キック・アスについて

 映画「キック・アス」なのですが、マーク・ミラーとジョン・ロミータ・Jrによって執筆されている同名コミックを原作として作られた、メタヒーローコメディー映画です。原作と違いもっとコメディー路線の色を強めた作品となっている映画版なのですが、いわゆる普通のアメコミ・ヒーローものとちがった、なんの能力もとりえもないオタク少年が、インターネット通販で購入したスーツで、悪と戦う正義のヒーロー「キック・アス」として見参するという大筋にあたる所はだいたい同じ展開になっております。そのあまりにも現実的すぎるヒーロー設置から、一部のコアなファンの間で話題となり、口コミによって広がった結果、大ヒット作品として世の中に送り出された作品となっております。元々原作者のマーク・ミラー自体は人気コミック作家として有名な方なのですが、このキックアスの成功によって更なる名声を手にしたのでした。他にも『ウォンテッド』や『バットマン:ダークナイト・リターンズ』といった有名な作品を数多く執筆しているので、興味がある方は見てみるといいかもしれません。

 ちなみに今回のキック・アスについてはかつてグラスゴーの自警団員になろうと思っていた筆者の体験がもとになり原型となるアイディアを思いついたのだそうです。その頃から映画化することを考えており、原作執筆と同時に映画の脚本執筆がスタートしたとのことです。

ストーリー

 デイヴは、アメリカン・コミックのスーパーヒーローに憧れる少し性欲が強すぎる事以外はごく普通のオタクの少年でした。体力も魅力も無く、これといった取り柄の無い彼は、学校の先生でエロい妄想を考えたり、密かに憧れていた同級生・ケイティに話しかけられてとぎまぎするといった毎日を送っておりました。しかしそんなある日の事、デイヴは不良にカツアゲされ、そのことに対して強い憤りを感じました。勿論自分になんの取り柄もなく、力がないことに対しての憤りもそうなのですが、それ以上に見て見ぬ振りをするという周りの人間たちに対して強い憤りを感じ、彼は「なぜ誰もヒーローになろうとしないのだろう」と疑問に思ったのでした。

 そして、誰もならないのなら自分がなってやると、インターネット通販で購入したウェットスーツっぽいヒーロースーツを身にまといヒーロー活動を始めたのでした。しかしながら、何の能力も取り柄もない彼は、暴漢にナイフで刺され、さらには車にはねられて重症を負い、救急車で運ばれてしまうのでした。更にはその時にコスチュームやヒーロー活動の事を親に隠すために、裸でそこにいたと病院の人に説明させたため、ゲイ疑惑までが浮上してしまうのでした。しかし、それがきっかけとしてクラスのマドンナ的存在であるケイティと急接近することに成功するのでした。しばらくは休息をとっていたものの相も変わらずヒーロー活動を続けるデイヴは、依頼を受けた「猫探し」の最中に、3人組のギャングに襲われている男を発見し、助けるために飛び込みますが、ボコボコにされてしまいます。全く無関係な人にカメラで撮影されたりといった酷い仕打ちを受けますが、めげません。ボコボコになりながらも立ち向かいついにはギャング自体が根負けし、立ち去っていくのでした。その際にカメラで撮影していた少年に、君は誰か名前はなにかと尋ねられ「僕はキック・アスだ」と答えたのでした。その様がYoutubeに公開され再生数が伸びたことによって、一躍有名人になったデイブ、彼はすぐさまMySpaceのアカウントをキック・アス名義で取得し、その後も活動を続けていくのでした。そんなある日、ケイティが麻薬の売人に脅され悩んでいる友人がいるとデイヴに伝え、デイヴはキック・アスに相談するといいよと助言しました。早速連絡を受けたキック・アスことデイヴは、その売人がいるアパートに乗り込み、これ以上ケイティとその友人に近づかないようにと武力を持って説得します。しかし、スタンガンで武装していたのにも関わらず、あっという間に取り押さえられてしまい、危うくナイフで切り刻まれんといった事態に。そこに、紫色のヒーローコスチュームをまとった少女「ヒット・ガール」が登場し、瞬く間に売人たちを切り刻み、斬殺していきます。さらに彼女の父「ビッグ・ダディ」の見事な狙撃によって、完全にクリアリングが完了。危機を脱したのでした。そんなキック・アスとビッグ・ダディとヒット・ガールは徐々に接点を持つようになり、彼らから自分たちの仲間になるようにと説得をされるのです。ダディは自分をはめ、妻を自殺に追いこんだフランク・ダミーコのギャング組織を壊滅させるために、娘のミンディと共に本格的すぎるヒーローごっこを始め、ダミーコの配下の売人たちを次々に殺していっていたのでした。その後、売人たちをことごとく斬殺し、全滅させたのはキック・アスだと勘違いしたダミーコは、彼の抹殺を部下に命じます。色々な方法を試してみますが、決して上手く行かず、ついにはキック・アスと思われる人物を自ら殺害しますが、部下の虐殺は一向に終わりを見せません。次第に苛立ちを隠せなくなるダミーゴに対して、その息子・クリスは、自分が「レッド・ミスト」というヒーローに成りすまして、本物のキック・アスをおびき寄せるという作戦を思いつきます。そんなクリスに呼び出されたデイヴは何も知らぬまま彼をつれて、多くの手下によって待ち伏せされている工場へと向かってしまうのです。しかし、工場へ着くと、ダミーゴの手下たちは皆殺され、工場にも火をつけられておりました。そうです。既にビッグ・ダディが倒した後だったのでした。それを知ったレッド・ミストは、犯人はキック・アスじゃないとダミーゴに知らせます。一方デイヴは、本格的ヒーローについていけなくなり、心を病み、ケイティに自分がキック・アスであると打ち明けてしまいます。それがきっかけで2人は恋人同士になるのなのですが、ケイティはそれをきっかけにキック・アスを引退することを勧めるのでした。しかし、そんな彼が再びレッド・ミストに騙され、ビッグ・ダディの隠れ家に案内させられてしまうのです。ダミーゴは彼らを一網打尽にすると、ビッグ・ダディとデイヴを捕まえました。彼らを生中継で公開処刑にしようとしておりましたが、そこをヒット・ガールに止められます。しかし、既にダディは殺害されてしまっておりました。彼女はその父の目的を果たし、さらには父の復讐を果たすためにダミーゴのアジトへと乗り込んでいきます、手下をことごとく倒し、順調に歩を進める彼女でしたが、弾が切れ、退路を絶たれたことによって窮地に陥ります。そんななか、キック・アスがガトリングのついたジェットマシンで助けに現れます。手下を粉々にすると、最後のダミーゴの部屋へと向かいます。デイヴはクリスもとい裏切ったレッドミストと戦い、ヒット・ガールはダミーゴと戦います。小規模な激戦を繰り広げるキック・アスとレッド・ミストはダブルノックアウト、一方ヒット・ガールは、その巧みな身のこなしで検討するのなのですが、流石にギャングのボスに通用するレベルではなく、ダミーゴにやられそうになってしまいます。銃口をヒット・ガールに突きつけようとするダミーゴでしたが、意識を取り戻したキック・アスのスーパーバズーカによって吹き飛ばされ、爆発四散してしまうのでした。レッド・ミストが目を覚まし、彼らを追いかけようとすると、既に彼らはジェットマシンで去っていく所だったのでした。レッドミストがそのことに関して復讐を誓うところで、物語が終わります。

キャスト

キック・アス(デイヴ・リゼウスキ)
アーロン・ジョンソン
ヒット・ガール(ミンディ・マクレイディ)
クロエ・グレース・モレッツ
レッド・ミスト(クリス・ダミーコ)
クリストファー・ミンツ=プラッセ
ビッグ・ダディ(デイモン・マクレイディ)
ニコラス・ケイジ
フランク・ダミーゴ
マーク・ストロング
ケイティ・ドーマ
リンジー・フォンセカ
ヴィック・ジガンテ
ザンダー・バークレー
ビッグ・ジョー
マイケル・リスポリ
マーカス・ウィリアムズ巡査部長
オマリ・ハードウィック
マーティ
クラーク・デューク
トッド
エヴァン・ピーターズ
アンジー・ダミーコ
ヤンシー・バトラー
ロビー・グーン
ジェイソン・フレミング
アリス・リゼウスキ
エリザベス・マクガヴァン
デイヴの父
ギャレット・M・ブラウン
エリカ
ソフィー・ウー
コディ
デクスター・フレッチャー
トレ・フェルナンデス
ランダル・ベイティンコフ
クレイグ・ファーガソン
クレイグ・ファーガソン(本人の役)
ラズール
コフィー・ナーティ
ステュー
ステュー・ライリー
ポスター
クラウディア・シファー
ギャング・キッド1
ジョニー・ホプキンス
ギャング・キッド2
オーヘン・コーネリアス

スタッフ

監督
マシュー・ヴォーン
脚本
ジェーン・ゴールドマン、マシュー・ヴォーン
原作
マーク・ミラー、ジョン・ロミータ・Jr
製作
アダム・ボーリング、マシュー・ヴォーン、ターキン・パック、ブラッド・ピット、デヴィッド・リード、クリス・サイキエル
製作総指揮
ジェレミー・クライナー、スティーヴン・マークス、マーク・ミラー、ジョン・ロミータ・Jr
音楽
ジョン・マーフィ、ヘンリー・ジャックマン、マリウス・デ・ヴリーズ、アイラン・エシュケリ
撮影
ベン・デイヴィス
編集
ピエトロ・スカリア、ジョン・ハリス、エディ・ハミルトン
製作会社
マーヴ・フィルムズ、プランBエンターテインメント
配給
アメリカ:ライオンズゲート、日本:カルチュア・パブリッシャーズ

受賞とノミネート

英国インディペンデント映画賞

作品賞ノミネート
監督賞ノミネート
マシュー・ヴォーン
脚本賞ノミネート
ジェーン・ゴールドマン、マシュー・ヴォーン

ピープルズ・チョイス・アワード

  • アクション映画賞ノミネート

放送映画批評家協会賞

アクション映画賞ノミネート
若手俳優賞ノミネート
クロエ・グレース・モレッツ

デトロイト映画批評家協会賞

ブレイクスルー演技賞ノミネート
クロエ・グレース・モレッツ

ヒューストン映画批評家協会賞

  • 作品賞ノミネート

セントルイス映画批評家協会賞

  • 視覚効果賞ノミネート
  • Moving the Medium Forwardノミネート

フェニックス映画批評家協会賞

助演女優賞ノミネート
クロエ・グレース・モレッツ
ブレイクスルー演技賞受賞
クロエ・グレース・モレッツ
若手女優賞ノミネート
クロエ・グレース・モレッツ
スタント賞ノミネート

リチャード・アッテンボロー映画賞

ライジングスター賞受賞
クロエ・グレース・モレッツ

製作

 ソニーと契約し映画を制作しようとした監督のヴォーンなのですが、作品にケチをつけられることが気に入らず、最終的に自分で資金調達を行い映画を制作しました。撮影はカナダとイギリスを舞台に執り行われ、そのイギリスで2010年3月26日、世界最速公開されました。日本においては、2010年9月16日に行われた第3回したまちコメディ映画祭in台東の「映画秘宝まつり」内でのみ公開され、2010年12月18日に渋谷、川崎、梅田、静岡の4劇場から一般公開が開始されました。北米では公開週末3日間で約1982万ドルを稼ぐ大ヒットとなり、2週目の「ヒックとドラゴン」を僅かに上回って初登場1位となりました。